意外な原因でくまは出来る!酷いものは治療を検討しよう!|Beauty Shaping
HOME>注目記事>意外な原因でくまは出来る!酷いものは治療を検討しよう!

酷いくまは病院へ

顔の印象が大きく左右されるくまですが、家で行うケアでも改善されないと悩んでいませんか?その場合は、美容皮膚科などに代表される病院へ行くのが良いでしょう。くまにあった治療をしてくれるので、すぐに悩みが解決するでしょう。

実際にくま治療を受けた方の声

顔色が違う

青くまで悩んでいましたが、美容整形外科に治療をお願いしました。今までとは顔色が全然違います。

簡単に治療出来た

くま治療って何をやるんだろうと思っていましたが、光で比較的すぐに治りました。こんな簡単に治るなら、もっと早く治療すれば良かったです。

久しぶりに心の底から笑えました

たるみによるくまのせいで実年齢よりも高く見られる事が苦痛でした。でも、ヒアルロン酸での治療でたるみが解決されてからは、より楽しく笑えるようになり、若々しいね!と言われるようにもなりました。

3つの種類があります

女性の目元

目の下にできるくまといえば睡眠不足が原因のイメージがあります。症状や原因は1種類ではなく3種類となります。一番ポピュラーなのが血行不良が原因の青くまです。目の下が青黒く見えますが、それには皮膚の薄さが関係します。目の周りの皮膚はとても薄く、1mmもありません。睡眠不足・疲労などで血行不良を起こすと血液の色が悪くなり、透けて見えてしまうのです。血行不良を治すためには、温めたりマッサージをしたりしましょう。湯船につかったり、ホットタオルを使ったりすれば血行に効果的です。また、普段の生活も見直して目の負担もやわらげましょう。

色素沈着も起きる

女性の目元

目の下や周りが茶色になるのは茶くまです。これは色素沈着が原因なので、動かしても色が消えることはありません。デリケートな部分なので洗顔やメイクの刺激、紫外線などのダメージを受けやすいです。他にも花粉症で目を擦ってしまうできやすい傾向があるので注意してください。色素沈着の元となるメラニン色素を抑制するには紫外線対策が必要です。紫外線の強さにかかわらず日焼け止めを塗って対策をしっかり行いましょう。化粧品は美白成分の入った化粧品でお手入れ・保湿をしてください。また、メイクの洗い残しもきちんと落としつつ、肌をこすり過ぎないお手入れをしましょう。

加齢も原因に

女性の目元

加齢によって目の下にたるみができると影ができて黒く見えることがあります。それが黒くまです。光が当たっていると黒くまも消えてしまいます。これは皮膚のたるみでできるので目の周りの表情筋を鍛える必要があります。日頃から顔のマッサージやトレーニングを取り入れるといいでしょう。優しくマッサージしたり、目の大きく開ける運動をしたりするだけでもたるみ防止につながります。

広告募集中